女画家 煌の世界

初心者必見!?誰でも簡単にadobe社のIllustratorの使い方がわかる考え方

クリエーターに求められる技術は
日々進歩していきます。

画家やイラストレーターやデザイナーも
adobe社のIllustratorを使いこなせて
当然の時代になりました。

また、企業でも広告を制作するのにデザイナー
を雇って自社で広告を制作する事もあります。

illustratorは、もはやWordやExcelに
引けをとらない程社会のニーズにあった
アプリケーションです。

ここでは、Illustratorの購入を検討してる方や
購入したけど使い方が解りにくい方の為に
簡単な考え方を伝授したいと思います。
(´∀`σ)σ

と、その前に

まずは、Illustratorって何に使うソフトウェア?
ここは知っておかなければいけません。

adobe社のIllustratorで出来る事

 ロゴデザイン
 キャラクターデザイン
 広告デザイン
 名刺デザイン
 看板デザイン
 建築デザイン(dxf)
 Webデザイン(jpg&gif)

おおまかに上げるとこんな感じです。

私は広告デザインを受け持つ印刷会社で
仕事をしていましたがIllustratorなしでの仕事は
考えられません。

日本の印刷会社共通のソフトウェアです。

何故?そんなにIllustratorが人気なのか?

Illustratorは、線と点で出来た画像で
ベクトル画像と呼ばれています。

 

それ以外は小さな点が沢山集まって出来た
画像でビットマップ画像と呼ばれています。

 

大きく違う点は拡大・縮小した時に
画質が悪くならないという事です。

ベクトル画像

 

左のようなイラストがあったとします。

 

ビットマップ画像では、
拡大するとぼやけた画像になります。
┐( ̄~ ̄)┌

ベクトル画像では拡大しても
ぼやけません。
(ノ^▽^)ノ

 

印刷した時の美しさは
圧倒的にベクトルデータが綺麗です。

 

例えば、会社のロゴを印刷するとして
名刺サイズの小さな画像から看板に使う
大きな画像まで必要です。

 

ビットマップ画像では拡大や縮小を繰り返すと
何が書いてあるのかさえわからなくなってしまいます。

 

 

その点、ベクトル画像は
画質の美しさを保ったまま
拡大・縮小が可能なのです。

 

これは本当に画期的です!
(。・・)ノ

交互性が凄い!
交互性

 

Illustratorは様々な保存形式に役立ちます。

通常は、aiというデータですが
印刷の場合はEPSにする事がほとんどです。

もちろん、jpgやgif、pngといったWEB用にも
適していますし、PDF形式にもできます。

他にも建築や商品の3D設計デザインをする場合
はCADソフトをつかいます。

 

CADも沢山種類があり有名な所では
AUT CAD /DORA CAD/ARCHITREND
などがあります。

 

この保存形式に変換するには主に拡張子を
dxfにしなればいけませんがIllustratorで
制作したデザインはdxf保存ができます。

 

文字化け等の不具合もCAD同士よりも少ないです。

切り絵を作るイメージを持つと早く上達できる

切り絵をイメージすると簡単に一番早く上達します。

サボテンイラスト

 

Illustratorでは
一つの同じ絵でも複数の作り方が存在します。

 

このように切り絵を切ったり
重ねたりして見え方を工夫する事で
一つの絵となるというイメージを持っていれば大丈夫です。

 

Illustratorの考え方

 ベクトル画像である事
 交互性が凄い事
 切り絵をイメージする事

この3点を抑えておくと

次回からは、実際に制作する方法を
簡単にお伝えしていきます。
(。・∀・)ノ゛