女画家 煌の世界

商標登録を自分で行う方法とは?

これからフリーランスで仕事をしたいな
と思っているなら、法律上の知識も必要になります。

特に必要なのが商標登録の仕方です。

クマのぬいぐるみ

 

 

絵を描くにしろ、デザインをするにしろ
企業様にお仕事をいただくようになれば
ロゴデザインやイメージキャラクターをお願いされる事があります。

 

もちろん弁護士や行政書士さんなどの
法律の専門家に頼むのもいいと思います。

 

しかし、その分経費がかかりますよね。

その経費をデザイン料金に上乗せした金額をクライアントに提示するわけです。

 

実際には、デザイン代のみしか請求していないけど
商標登録を外注にした為に総合計金額が上がってしまうと
クライアントにどう思われると思いますか?

 

“ここはボッタクリ!”

 

そう誤解を受けるとリピーターになってもらえません。

ですから、クライアントからの信頼会得のため
商標登録は自分でやってしまいましょう。

商標登録って何?

 

商標登録とは、会社名や、商品ブランド名のロゴや
キャラクターや提供するサービスの名前(文字)です。

いわゆる文字や図形で構成された
ブロンドとして販売予定があるものを
個人あるいは法人のオリジナルであると登録する形式です。

著作権には、審査や登録という手続きはいりませんが
商標登録しないとビジネスに使えなくなる事があります。

著作権<商標権

例:Aさんが描いたクマの絵があったとします。
Aさんは、クマに”コロコロたん”と名前を付けたとします。

それを見たBさんが先に商標登録してしまいます。

後に”コロコロたん”が爆発的人気になりました。
Bさんは、

「”コロコロたん”は私が商標登録しているから売上は全て私のものだ」

と裁判を起こしたとします。

 

 

Aさんは、
「これは、私が描いたから著作権は私にあるじゃないか」

と反論しても、Bさんが認めなければ、Bさんが勝訴します。

裁判の結果によっては、Aさんは損害賠償しなければいけなくなります。
法的に強いのは、圧倒的に商標登録をとった人なのです。

 

理不尽だ!と思うかもしれませんが法律に無知な方が悪いのです。
商標登録がとっても大事!
とわかった所で商標登録の取得方法をご紹介します。

STEP1  登録しようとする商標がすでに登録されていないかを調べる

そもそも先に誰かに登録されていては
身も蓋もありません。

 

すでに誰かのものになっていたら
出願しても却下されるのは目に見えています。

 

まずは、特許庁
で調べます。

 

特許庁1

 

特許庁のホームページに行ったら”特許・実用新案を探す”の右のプルダウンをクリックします。

特許庁2

 

商標を探すを選択します。

特許庁3

 

”例)人口知能”と書かれた所に自分が登録したい名前を入れます。
今回は”コロコロたん”と入力しました。
そして”検索”ボタンを押します。

 

商標登録4

 

下に”ヒット0件”と表示されました。
という事は、商標登録に出願できます。

STEP2 区分を指定する

 

区分とは、例えば商標登録したいカテゴリです。
会社のロゴなのかキャラクター名なのか等です。

下の表でだいたいわかりますが
もっと詳しくは、特許庁に聞くのが早いです。

形あるもの
図形や文字
第1類
塗料:界面活性剤
など
第2類
塗料:ペンキ・染料・絵具など
第3類
化粧品・石鹸・線香など
第4類
油・燃料
第5類
薬剤
第6類
鉄・銅・アルミなど
第7類
加工機械器具・電化製品
第8類
手動工具
第9類
理化学機械器具・電池
第10類
医療用機械器具
第11類
電球類及び照明用器具
第12類
船舶・部品・附属品
第13類
鉄砲・火薬
第14類
貴金属・宝石
第15類
楽器
第16類
紙類
第17類
ゴム
第18類
皮革
第19類
建築用・非金属鉱物
第20類
家具
第21類
ガラス基礎製品
第22類
原料繊維
第23類
第24類
織物
第25類
被服
第26類
編みレース生地・刺繍
第27類

敷物・畳類

第28類
遊戯用器具・キャラクター
第29類
食肉・加工水産物
第30類
飲料・調味料・菓子
第31類
麦 ・籾米・海藻
第32類
ビール・清涼飲料水
第33類
酒類
第34類
たばこ
第35類
広告業・ロゴ

役務区分

(サービス)

第36類
預金の受入れ・両替
第37類
建設工事
第38類
電気通信
第39類
車両・船・飛行機
第40類
布地・被服・毛皮
第41類
技芸・スポーツ
第42類
電子計算機用プログラム
第43類
宿泊施設・飲料などの提供
第44類
医業 健康診断 歯科医業 調剤
第45類
結婚式・葬儀・占いなど

 

今回は、キャラクターとしてぬいぐるみなどの展開がしたいので第28類になります。

STEP3 出願申請書類の準備をする

出願の手続き
も特許庁のHPで確認する事ができます。

電子出願ソフトサポートセンターのサイトからダウンロードすれば
インターネットからでも出願できます。

電子出願ソフトサポートセンター

受付時間 平日9:00~20:00
TEL(東京) 03-5744-8534
TEL(大阪) 06-6946-5070
FAX.03-3582-0510

特許庁
に電話しても教えてくれます。
ヘルプデスク 03-6666-8801

STEP4 出願料金を払って出願する

手数料
は改正される事が多いので特許庁のHPで確認しましょう。

STEP5 許可がおりるまで待つ

出願してから許可が下りるまでに
約半年はかかります。

気長に待ちましょう。

 

まとめ”自分で商標登録する方法”

 先に申請されていないかの確認
 商標登録する願書申請区分の確認
 必要書類を用意する
 手数料を支払い出願する
 許可が下りるまで半年はかかる

法律家の顔

Posted by