女画家 煌の世界

クリエーターにとって必要なわかりやすい著作権の知識とは?

今日は画家やクリエーターにとって覚えておくべき知識である著作権について書いていこうと思います。

著作権って何?

 

著作権って何?

よく耳にする著作権ですが
あなたは、詳しく理解できていますでしょうか?

「法律って難しいよね。漢字ばっかりだしさ」
(´・ω・`)ノ

って感じの漢字アレルギーの方にも解り易く説明しますね。

この権利は、画家やクリエーターを守る権利
ですのでしっかり理解しましょう。
((☆´∇)从(∇`★))

 著作権って何?
 著作権で守られる物って?
 著作権の種類は?
 著作権の権利期間は?

などをお伝えしていこうと思います。

著作権って何?

ザックリ言うと

「勝手にマネしてお金を儲けたらダメよ!」

って権利です。
正しくは、「著作権法(ちょさくけんほう」

これを侵害したものについては、
民事上でも刑事上でも処罰される事があります。

ただし、著作者による親告罪ですから
違反したから、はい罰金!はい慰謝料!
とはならないです。

刑事上での罪

後に説明しますが、著作権違反でも出版権や著作隣接権を侵害したら

懲役10年以下と1000万円以下の罰金

オロ(゚Д゚;≡;゚Д゚)オロ

会社ぐるみで違反した場合には

懲役10年以下と3億円以下の罰金

懲役と罰金を両方とも科されるんですね~
ヒエーッッ!!Σ(゚ロ゚ノ)ノ

という訳で著作権侵害はいけません。
〇国みたいに偽物のドラえもんとか
販売しちゃダメですよ。

著作権で守られる物って?

 絵画、彫刻など芸術作品
 音楽・その歌詞
 マンガ、小説、台本(脚本)
 宮殿などの建築物
 これって著作権違反?
 地図や設計図面や模型
 写真
 映画
 プログラミング
 劇や舞踊

他には、

二次的著作物

元々の著作物があり、著作者か著作権所有者に承諾を得て作った新しい著作物。

淀川河川敷公園のキャラクターよどちゃん

 

例えば、上の作品は、淀川河川敷のキャラクター
よどちゃんです。

このキャラクターは公募で決まったそうです。

その二次的著作物として私が制作したのがこちら

淀川河川敷公園のよどちゃん

 

このように、実際のキャラクターの
世界観をつぶさないように制作した作品が
二次的著作物となります。

ちなみにですが
もちろん作品紹介としてインターネットで公表
する事に関して許可をいただいています。

編集著作物

辞書・新聞・雑誌・データベース などの解説するもの

著作権の種類は?

著作権には、大きく分けて2つあります。
ここでは、画家やイラストレーターに関する項目を説明します。

著作人格権

描いた時点で著作人格権が発生します。

1歳の子供が鉛筆でなんとなく顔らしきものを描いたとしてもそれは著作物になります。

著作権とは、絵の上手い下手は関係なく平等な権利だったんですね。

 

また、この人格権は、他人に譲れません。

例えば、Aさんが描いた作品にBさんがお金を出して

Bさん:「これ、私が書いた事にしていい?」
と著作者に訪ねて「いいよ」と答えたとしても

Aさんの気が変わったらおしまいです(笑)

じゃあ、人格権って具体的になんなの?

 公表権
 氏名表示権
 同一性保持権

公表権とは
その作品を、どこで、いつ、どのように
世間に発表するかを決める権利です。

Aさんが描いた作品をBさんが見て写真をとって
勝手にSNSに出したら著作権違反になりますので気をつけましょう!

氏名表示権とは
その作品の作者名を決める権利です。
本名なのか、ペンネームなのか、匿名なのかですね。

Aさんが描いた作品をBさんが見て写真をとって
「Bさんの絵だよ」と
勝手にSNSに出したら著作権違反になりますので気をつけましょう!

同一性保持権とは
著作者の意志に反して勝手に色や形や題名を変更されない権利です。

実は、私もイラストレーターとして出版社と関わっていた時に
よく侵害されていまうような一番厄介な問題です。

出版社に挿絵データを送りますが
出版社側で勝手に色を変更したり
手の位置を変えたりしてしまうんです。

お仕事貰ってる側だから
ハッキリ言えないけれど…

著作権違反ですよ~!

 

ひとこと
「校正してください」

と言ってくれればいいのになぁ
σ( ̄^ ̄;)

なんて思いますが
お仕事貰えなくなったら嫌だしな
なんて思って言えなかったりするんです。

出版社勤務の方に言いたいのは
同一性保持権を侵害しないでください。

お願いします。
(>人<)

心の奥で言っておきました(笑)

著作財産権

簡単に言えば「お金」に関わる事です。

 複製権
 上映権
 公衆送信権
 公の伝達権
 展示権
 譲渡権
 二次的著作物の利用権

上演権・演奏権・口述権・頒布権・貸与権は、
絵画関係には、あまり関係ないのですっとばします(笑)

複製権とは

販売する目的でコピー商品を作る権利です。
勝手に印刷して販売しない為の権利です。

上映権とは

DVDなどに収録されている絵画などを
上映する権利です。

例えば展示会の風景を上映するとかですね。

逆に上映してもらえると嬉しい場合もありますが…

公衆送信権・公の伝達権とは

これは、TVやインターネットに載せる権利です。
勝手にコピペで他人の作品を転載しちゃダメです。

展示権とは

展示会などで展示する権利です。
勝手に他人の作品を展示してはいけませんよ。

譲渡権

商品化して販売する権利です。

二次的著作物の利用権

二次的著作物を作ってもいいよと許可を出す権利です。

補足

もし、作品が会社の仕事の一環で
会社員だった場合は、著作権は会社のものになります。

著作権の権利期間は?

主に私の場合ですと
私が死んでから50年後になります。

その後は、誰でも自由に使えます。

著作権フリーで有名なのが
アリスの挿絵ですね。

アリス

 

ジョン・テニエルさんが亡くなったのが
1914年2月25日ですから50年以上ですね。

著作権フリーなので販売してもいいんですよ。

逆に言えば
何年経っても万人に愛される絵を描いた
ジョン・テニエルさんは凄いですね。
キラ*。・+(*゚∀゚*)+・。*キラ

画家の顔

Posted by